マグネティック・ライティング

マグネティック・ライティング〜伝わる文章を書いてあなたのビジネスに人が集まる方法!〜

コピーライティングを身につけて人に伝わる文章を書き、収入につなげたい人は他にいませんか?コピーライティング+ダイレクトレスポンスマーケティングの使い方を知らないと、あなたのビジネスは一向に稼げません。 あなたの商品を販売する上で最強の集客とセールス方法を基礎から無料でお伝えします。

No 記事を書くのが苦手 No Life

創造的な仕事術、

「刺激と感動と、その先の

理想のライフスタイルを手に入れる」

をコンセプトに DRMコピーライター

として"伝えたいを伝える"

 

シミズヨシヒロです。

 

ここ最近、ノドの調子がイマイチで

声が若干かすれ気味です。

 

6月14日にネットTVに出演するので、

それまでに体調を整えないとです。(汗)

というか、こんなタイトルで読まれるんかな⁈

という一抹の不安が(苦笑)

 

 

f:id:yoshi_shimizu:20170711191044j:plain

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

ところで、

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

 

記事を書くこと本当に苦手です。

頭の中が真っ白になって進まないです。

プロ意識がそもそもわかっておりませんが、

プロ意識を持っていれば、文章を上手く書けますか?

 

 

 

私も同じような経験というか、

気持ちを過去に持っていました。

 

本当に苦手でしたし、何の意味があって

文章を書かなかければいけないのか

疑問を持っていました。

 

今日はそんな私がなぜ文章を

書けるようになったのかを

お伝えしたいと思います。

3つのセット

文章が苦手な人は、

まずは手紙を書くようにしたら良いですよと、

過去記事で書きました。

magnetec-writing.hatenablog.jp

 

今日は上記で書いたことを踏まえて、

3つのセットをお伝えしたいと思います。

 

世界で最も影響力のあるアメリカ人25人に選ばれた人物、

スティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」に、

成果を上げるための「3つのセット」の話があるのをご存知でしょうか?

マインドセット、スキルセット、ツールセット、です。

 

1.マインドセット

マインドセットとは、

モノゴトや行動する上での考え方です。

 

あなたが生きていくうえでの

考え方と言っても良いでしょう。

後述するスキルセットと

ツールセットの土台になる

とても重要なセットです。

スキルセットは才能や能力の使い方です。

 

2.スキルセット

スキルセットは、

あなたの生まれ持った才能や、

訓練をして身につけた

能力の使い方です。

 

これはマインドセットの上に

位置するセットになります。

 

3.ツールセット

ツールセットとは、

まさにその名のとおり

ツールです。

アイテムです。

 

スキルを増幅してくれるためのツールが手に入れば、

成果は増大するということです。

 

2つのセットの上に位置するセットです。

重要なことはつまみ食いしないこと

f:id:yoshi_shimizu:20170711191452j:plain

重要なのは、

これらを少しつまみ食いして

どれかだけを伸ばしても

残念ながら成果は出ない

ということです。

 

何事もバランスが大事です。

スポーツと同じです。

 

例えば野球で例えるなら、

土台になる野球のルールや

道具の使い方、バットの振り方

 

相手をリスペクトする気持ちなどの

マインドセットが虚弱で、

 

その上のスキルが

すごいレベルが高くても、

 

野球選手としては通用しませんよね。

 

さらにツールであるバットがプラスチックだったら

試合でホームランを打つことはできません。

 

文章術はスキルです

その上で文章を書く

ということは、

スキルセットです。

 

書けば書くほど

あなたの文章は輝いていきます。

 

実践練習と一緒です。

そして実践練習をすればするほど、

ホームランを打てる可能性が高まる訳です。

 

正しいマインドを身につけること

ただし、いくら実践練習をしても、

バットの持ち方が間違っていては

ホームランを打つことはできません。

 

 

正しい野球のルールと、

打ち方というマインドセット

なければ、

 

人に読まれる文章を

書くことができないのと

同じです。

 

読まれる文章を書くには

f:id:yoshi_shimizu:20170711193526j:plain

人に読まれる文章を

書くには、

 

文章を好きになってください。

 

そのためには 

書籍や

他の人のブログなどを

読んでみてください。

 

少なくとも、

本を読むのが嫌いで

うまい文章を書いている人を

 

私は知りません。

 

総じて、

人を惹きつける文章を書く人は

本を読んでいます。

 

 

 

野球が嫌いで、

ルールも覚えず

正しいバットの振り方も

分からずに

 

試合でホームランを打てるのか?

ってことです。

 

あなたはまず

本を読んでみてください。

 

あなたが興味のある分野の

本で構いません。

 

本がどうしても

読めないのであれば、

 

興味のある人の

ブログを読んでみてください。

 

コラムを読んでみてください。

 

文章に触れてみてください。

そして、読んだ感想を自分なりに

まとめてみてください。

 

長ったらしく、

上手く書こうとしなくて

いいんです。

 

短くていいので、

私は○○を読んで、こう思いました。

なぜなら、■■だからです。

 

と感想を書いてみましょう。

 

この段階を踏まえずに、

文章術を鍛えようと思っても

なかなか上手くいきません。

 

ただ闇雲にバットを振っているだけで、

ボールを正しく前に飛ばすことはできません。

 

つまり、

読まれない

ということです。

 

 

私もそうですが、

ブログを書いていると、

やはりアクセス数が

気になります。

 

アクセスを集めるには、

当然タイトルが

重要になってきますが、

 

うまいタイトルを書いて

アクセスを集めようと思っても、

 

正しいマインドセットがなければ

中身のない、読みにくい文章になり、

もう二度とあなたのブログに

訪問してくれることはないでしょう。

 

そうならないためにも、

正しいマインドセット

スキルセットが重要になります。

まとめ

 

最後まで読んでもらえる文章を書くには

まずはあなたの周りで

この人はうまいな!

 

と思う人のブログや

書籍を読んでください。

 

その上でプロ意識を持てというのは、

文章は自分自身だということです。

 

人は何かを伝えたいから、

文章を書きます。

 

だからこそ、

自分の書いた文章に

責任を持つ必要があります。

 

ブログでも書籍でも、

FBやツイッターの投稿でも

あなたの文章を読み

何らかの刺激や影響を与える

可能性があります。

 

だからこそ、

自分の言葉、文章に

責任を持つためにも

 

プロ意識が必要です。

 

そして、相手になるべく

伝わりやすい書き方を

することが大切です。 

 

ぜひプロ意識、

向上心を持って、

相手に伝えたいことを

手紙にして書いてみましょう。

 

それではまず

書籍やブログを読んで

感じたことをそのまま

紙に書き出しましょう。

 

それをブログに

書いてみましょう。

 

書籍の場合は、

書評を書いてみるのが

おすすめです。

 

そして、継続して

やり続けてください。

 

継続し続ければ、

当たり前のように文章を

書くことができるようになります!

追伸

 

私が、ここでこうして

ブログを書いているのは、

自分の中で学んだことや経験を

アウトプットするためですが・・・

 

昔は本を読むのが大嫌いでした。

成功している人は総じて

本をたくさん読んでいますが、

 

正直、「あ、そう」

って感じでした。

 

でも、今なら

なぜ本を読むのかが

良くわかります。

 

たくさんの

先人の知恵を吸収するには

書籍を読むのが

一番効率がいいんです。

 

そしてアウトプット

するためには、

インプットしなければいけません。

 

だから私は本を読み始めました。

 

そして、

知識をアウトプットして

定着させるために

ブログを書いています。

 

 

何事もそうですが、

いきなり上手くいくというのは

かなり特異な例です。

 

エジソンアインシュタインだって、

何万回も失敗して、

やっと1つの成功が生まれた訳です。

 

イチローダルビッシュだって、

本田圭佑香川真司だって、

いきなり世界レベルで戦える選手だった

訳ではないです。

 

少しずつ、だけど高い目標を持って

継続したからこそ、今があるんですね。

 

ですので、難しく考えずに

まずは本を読んでみましょう。

 

ゼロからイチができれば、

そしてそれを継続すれば、

 

あなたもいつのまにか当たり前のように

文章を書けているはずです。

 

ボールはトモダチ!

このマインドで、

文章に触れてみてくださいね!