マグネティック・ライティング

マグネティック・ライティング〜伝わる文章を書いてあなたのビジネスに人が集まる方法!〜

コピーライティングを身につけて人に伝わる文章を書き、収入につなげたい人は他にいませんか?コピーライティング+ダイレクトレスポンスマーケティングの使い方を知らないと、あなたのビジネスは一向に稼げません。 あなたの商品を販売する上で最強の集客とセールス方法を基礎から無料でお伝えします。

【警告】あなたのブログ検索順位が下がっている可能性があります

創造的な仕事術、

「刺激と感動と、その先の

理想のライフスタイルを手に入れる」

をコンセプトに DRMコピーライター

として"伝えたいを伝える"

 

シミズヨシヒロです。

 

今日はそこまで気温が上がらなかったですが、

湿度が高いせいか、かなり蒸していました。

 

私も参加しているセミナーグループの大阪チームは

BBQを楽しんだそうです。

天気もなんとか大丈夫だったみたいで、

良かったですね〜。

 

東京チームもBBQかビアガーデンに行く企画を

してほしいなぁと。(笑)

 

さて、今日はブログをビジネスに活用されている方は、

絶対に読んでおいた方がいい内容です。

 

特に、サロンや飲食店を経営している方で、

ブログで情報発信している方は、要注意な内容です!

 

 

f:id:yoshi_shimizu:20170723193100j:plain

 

アクセス数が伸びない原因とは

 

もしあなたのブログアクセス数がここ最近、

思ったほど伸びていないのであれば、

何年も前から書いていた過去のブログ記事が原因で

検索順位が下がっている可能性があります。

 

Googleは公式には発表していませんが、

6月末に大きな順位変動がありました。

 

このタイミングでいったい何が起こったのでしょうか?

 

文字数が少ないブログ記事の評価が下がった

 

実は、文字数が少ないブログ記事が

大量に掲載している場合の検索順位が

一気に下がるという状況が多発したのです。

 

文字数が少ないブログ記事というのは

具体的に何文字かというと、

 

800字未満の記事ページのことです。

 

 

あなたは整体院やエステ、

飲食店などによくある

 

・定休日のお知らせ

・臨時休業のお知らせ

・お客様の声

・お庭にこんな花が咲きました

・もうすぐ◯◯ですね

・予約状況のお知らせ

・イベント告知

・商品入荷の事務的な案内

・今日の朝礼でこんな話題が出ました

 

というような、ブログ本来のテーマではない

内容を書いていませんか?

 

あなたのお店に来る人にしか

関係がないような事務的な情報。

 

そこで働いている人以外が全く関心を持てない、

内輪のおしゃべりのようなテーマ。

 

これらの場合、ほとんどが300〜400文字前後の

内容に乏しい希薄なコンテンツです。

 

読者の質が上がっています

 

そもそもの話になりますが、

現在のブログ読者が

ブログの内容に対する

要求レベルは飛躍的に高まっており、

 

本や雑誌レベルの専門性の高い情報が

求められていることを理解しておかなくてはいけません。

 

コンテンツマーケティングという

検索ユーザー、ブログ読者にとって

役に立つコンテンツを企業が

無料で提供する時代になりました。

 

そして自社サイトのアクセスを増やす

というやり方が普及し、

企業のWEBマーケティング戦略は

年々難易度が上がってきています。

 

Googleは本気だ!

 

GoogleのSEOの世界でもこの数年で大きな変化を迎えてきました。

2011年にパンダアップデートが実施され、

低品質なコンテンツが上位表示されなくなりました。

 

そして今ではGoogleは記事の文脈まで

しっかりと読み解くことができるレベルにきています。

 

つまり、キーワードだけ意識して文脈がダメだと、

評価が下がるという時代になりました。

 

そして今回、Googleがシステムや

人工知能のレベルが低かったために

やりたくてもできなかった、

 

あるいは見逃されてきた

読者にとって希薄で

質の低いコンテンツの代表的な

 

・定休日のお知らせ

・臨時休業のお知らせ

・お客様の声

・お庭にこんな花が咲きました

・もうすぐ◯◯ですね

・予約状況のお知らせ

・イベント告知

・商品入荷の事務的な案内

・今日の朝礼でこんな話題が出ました

 

こういった内容のブログ記事に

Googleのメスが入るようになったのです。

 

Googleは約7年かけてとうとうこのレベルに到達しました。

 

あなたに残された選択肢は・・・

 

もはやあなたには、

一刻の猶予も許されません。

 

もしあなたのブログが過去何年にも渡って

300文字程度の内容のブログ記事を

量産していたとしたら・・・

 

 

あなたに残された選択肢は次の3つです

 

  1. 文字数が少ないブログ記事を加筆修正する
  2. 文字数が少ないブログ記事を削除する
  3. ブログ記事を大量に削除する

 

 

文字数が少ないブログ記事を加筆修正する

この中で最も安全なのは、

「1、文字数が少ないブログ記事を加筆修正する」です。

 

文字数が少ないのであれば、

文字数を追加すれば十分な文字数になるので、

記事ページを削除する必要はありません。

 

ただし、内容を追加するにしても、

適当に追加すれば良いわけではありません。

 

しかも、

「定休日のお知らせ」とか、

「予約枠空いてます!」とか、

「店内に綺麗な花を飾りました!」とか

 

商品と関係の無いテーマのブログ記事の場合、

これらに一体何を加筆修正して書いたらよいのでしょうか?

 

しかも膨大な数の記事数だったら、

加筆修正はかなりの負担です。

 

文字数が少ないブログ記事を削除する

 

そこで次の策として

「2、文字数が少ないブログ記事を削除する」です。

 

多くの場合は、全てのページがこうした

読者にとってほとんどメリットの無い

内輪のネタ記事ばかりが投稿されているので、

ほぼ全てのページの文字数が足りない記事だと思います。

 

ただ、この場合は結局後述する3の選択と

同じ問題が生じます。

 

 

ブログ記事を大量に削除する

では3つめの「3、ブログ記事を大量に削除する」はどうでしょうか。

例えば1000記事あり、そのうちの8割の800記事が

内容が薄いブログである場合、

サイト内にある記事の80%近くを

削除することになります。

 

一見良さそうに見えるのですが、

そうなるとさらに検索順位が

大きく落ちるリスクが生じます。

 

何故ならGoogleはサイト内にある

大量のページを削除すると

何故か様々なキーワードの検索順位を

下げることが多いからです。

 

読者のことを考えずに、

ただサイト内にSEO目的という

動機のために作られたWebページが、

とうとうあなたに牙を剝くことになりました。

 

 

真面目に取り組んできた人が報われる時代に

 

こうしたことを二度と繰り返さないためにも、

新規作成するWebページやブログは、

それを読む読者のために

本当に役立つコンテンツ記事を載せるようにしてください。

 

小手先のテクニックに頼って

優位に立っていた人が排除され、

結局最後は、真面目に書いてきた人が、

報われる時代に入ったということです。

 

 

もっとも安全かつ効果的な解決手段

ではブログ記事の文字数が少ないコンテンツが

多い場合は、どうすることが最も安全で効果的なのでしょうか?

 

それは、「徐々に質の低いブログ記事を削除して、

読者にとって価値のある記事と差し替えていく」という方法です。

 

ブログ記事を1ページ削除したら

すぐに新しいお役立ちページを1ページ追加していき、

記事数をキープしながら、

質の良いブログに再生させていくということです。

 

ただ、中には文字数が少なくても

アクセスが比較的高いブログ記事が

あるかもしれません。

 

Googleアナリティクスなどの

アクセス解析ログで自社サイトのページビューを

チェックしていき、アクセス数のあるブログ記事があれば

そのページは削除せずに、文字数が800文字以上になるように

文章を追加法がベターです。

 

そうすればそのページが稼ぐページビューを

失うことはないですし、文字数を増やすことに

より記事の価値が高まり、

もっと検索順位が上昇する可能性が高まります。

 

こうした一見手間のかかるように見えるやり方を

コツコツと進めていけば、

急激にサイト内のページが減ることはなく

無理なく徐々にサイトの質が高くなります。

 

そして、検索順位が下る可能性は非常に低くなります。

 

 

追伸

加筆修正するにせよ、

新しく記事を差し替えていくにせよ、

ブログに書くネタを考えなければいけません。

 

こうしている間にも、

Googleによるあなたの

ブログの評価が下がっているので、

迅速に行う必要があります。

 

仮にあなたのブログ記事の8割を差し替えとなると、

どうやってネタを出せばいいのか、

本当に全て書き換えることができるのか?

 

しかも最短最速で・・・

 

 

そんなあなたのために、今回

勉強会を開催します。

 

詳しくはこちらから

www.magnetec-writing.site